2021.06.15

ルケ ディ・カスタニョーレ・モンフェッラート オペラ・プリマ 16

ルケ ディ・カスタニョーレ・モンフェッラート オペラ・プリマ 16
生産者:ルカ・フェラリス(イタリア、ピエモンテ)
使用品種:ルケ100%

「まったく新しい手法で造られた、高品質なルケ」という意味を込めて「オペラ・プリマ(第1作、最高作品)」という名前を付けています。ルカが、創業者である祖父マルティーノに捧げたワインです。造るのが難しいので毎年造るわけではなく、最近では'13、'14VTは造っていません。ルケにはピノ・ノワールとの類似性があると感じたルカは、偉大なブルゴーニュに匹敵するようなルケのワインを造ろうと考え、まずは最高の葡萄が出来る畑を選ぶことから始めました。このオペラ・プリマは「ブリッコ デッラ ジョイア」と呼ばれる単一畑の葡萄を使っています。アスティ側の南向きの斜面で、標高は285m。土壌はトゥーフォと呼ばれる火山灰が堆積して固まった凝灰岩で、樹勢が強くなりません。非常に日当たりが良いため、葡萄はしっかりと色づき、糖度の高い、粒が小さく凝縮されたものになります。畑を厳しく管理、グリーンハーベストを行い、収穫量を半分まで落とします。機械が入ることの出来ない急斜面のため、収穫は手摘みで行います。葡萄は厳しく選別し、温度管理したロータリーファーメンターで発酵させ、35~45日間醸しを行います。ステンレスタンク(ロータリーファーメンター)でマロラクティック発酵させます。品種の持つ個性を隠してしまわないよう、500Lのフレンチオークのトノー(新樽40%)で24~32ヶ月熟成、さらに12ヶ月瓶熟してからリリースします。バックラベルにはボトリングナンバーが印刷されています。そしてラベルはワインがブルゴーニュスタイルであることを意識してデザインしたと言いますが、なぜかボトルはボルドー型を使用しています・・?。とにかく力強く素晴らしいワインです。¥5,500(税込)